封筒屋どっとこむFAQ(よくある質問)

既製封筒に印刷する内容を考えるときの、注意点を教えてください。

既製封筒(出来上がった封筒)に印刷をする場合の注意点をご案内します。

※ ショッピングカートからご注文いただける商品は、セミオーダーを除き、すべて既製品です。
※ 詳細はテンプレートをダウンロードしてご確認ください。なお、同じ形状なら、サイズが異なる場合も注意点はほぼ同じです。

広い範囲の塗りつぶしを避けてください。
ちらしなどを印刷する場合と異なり、次の封筒の裏側にインクがうつる可能性があります。特に縦に太いラインを入れるのは避けてください。
裏面(差出人面)は、なるべく糊代を避けてデザインしてください。
貼り合わせの段差をまたがった印刷も可能ですが、ずれが起きる可能性がありますこと、あらかじめご了承ください。
裏面(差出人面)は、封かんすると隠れてしまう部分があることに注意してください。
頭(フタ)を折ると隠れる箇所を避けてデザインしてください。封かんするまでは一見問題がないため、見落としが起きやすい箇所です。
洋封筒の頭(フタ)は、品により表裏の扱いが異なります。
頭に印刷をしたい場合、立ててある封筒ならオモテ面(宛名面)印刷、折ってある場合はウラ面(差出人面)印刷になります。

ただし、カマス貼り(頭が台形のもの)の場合は、折ってある品も手作業で立てることで、オモテ面と同時に印刷できます。追加料金をご案内することになりますが、裏と表と両方印刷するよりはお安くなります。※頭が三角形の封筒は除きます。

お問い合わせ

お問い合わせ全般
フリーダイヤル:0120-17-2108(平日9:00〜17:00)

■カテゴリ