封筒屋どっとこむFAQ(よくある質問)

レーザープリンターや、インクジェットプリンターに対応していますか?

プリントはできますが、印刷用紙ではないため、それなりの品質です。
(一部の専用封筒を除く)
給紙はご利用のプリンターの機能に依存します。
封筒は一般的に”印刷・情報用紙”ではなく、”包装紙”で製造しています。
丈夫さ、破れにくさを優先しているためです。
そのため、印刷自体はできますが、品質はそれなり、といったところです。
封筒サイズや給紙に対応しているかどうかは、ご利用のプリンターの機能に依存しますので、
お試しになる前に必ずマニュアル等でご確認くださいませ。その他の注意点は、以下をご覧ください。

レーザープリンターの場合

下記の封筒はお避けください。

  • 窓付き封筒(窓に貼ってあるセロファンが、熱に弱いため)※
  • 50gほどの薄い封筒(給紙時にシワになったり、紙詰まりがおきます)
  • 口のり付き封筒(給紙中にテープが引っかかったり、のりが熱や圧力でくっついてしまいます)

レーザープリンター用の窓付き封筒を開発しました!

2015年2月より販売しています。
熱に強い窓フィルムを採用しているので、一般的なレーザープリンターで問題なく印刷できます。
窓フィルムの上にも印刷できるのが、ちょっとおもしろいです。サンプルもご用意していますので、ぜひお試しください。

オンdeマド封筒(レーザープリンター対応 窓付き封筒)

一般的な窓付き封筒のサイズである「長3」「洋0(様長3)」に加え、A4を折らずに入れるタイプ(角2より一回り小さいサイズ)もご用意しています。

インクジェットプリンターの場合

多くの封筒は、一般的なコピー用紙に印刷した場合と同様、少しにじみます。
下記の場合はお避けください。

  • 50gほどの薄い封筒(給紙時にシワになったり、紙詰まりしやすいです)
  • 口のり付きの封筒(給紙中にテープがひっかかったり、のりが機材について故障の原因になります)

一部のプリンター対応品、及びオーダーメイドについて

少ないですが、取引先の封筒メーカーに、インクジェット専用の既製封筒がございます。お取り寄せできるかもしれません。
また、オーダーメイドの場合、インクジェットプリンタ向けの紙、段差ができない貼り方を指定いただくことで対応可能です。
いずれの場合も、お電話またはお問い合わせフォームよりご相談ください。

ご注文前にお試しになりたいときは

可能な範囲で※お試し用のサンプルをお送りいたしますので、お問い合わせください。
※ご希望の封筒の色違い + 同じ色の別サイズ といった形になる場合もございます。

タグ:

■カテゴリ