封筒屋どっとこむFAQ(よくある質問)

データ入稿時に、注意すべき点を教えてください。

印刷データ作成時に、慣れないうちはやってしまいがちな定番のミス3つと、その確認方法を掲載いたします。

下記のような場合、再入稿が必要ですので、入稿前にご確認ください。
(※以下の記述につきましては、Illustratorのバージョンによって名称や見た目が多少異なります)

(1)フォントのアウトライン作成を忘れた

アウトライン作成をしないと、出力側に同じフォントがなければ別の書体に置き換わったり、レイアウトが崩れてしまう可能性がございます。下記の方法でアウトライン作成をお願いします。

▼ フォントのアウトライン作成方法

(1)すべてを選択(win ⇒【control】+【A】、mac ⇒【command】+【A】)
    ※ 実際はフォント部分のみ選択すればよいのですが、
     漏れが生じないよう、オブジェクトのロックをすべて外してから
     全部のオブジェクトを選択しておくと安心です。

(2)上部に並んでいるメニュー > 「書式」 > 「アウトラインを作成」
   1文字ずつバラバラの図形になり、文字として打ち直しできなくなっていればOKです。

(2)1〜3色印刷(特色印刷)なのに、CMYKで色指定をしてしまった

少し分かりにくいのですが、青1色の印刷を下記のように色指定すると、
C版 と M版 の2色印刷になってしまいます。

特色のスウォッチを作成し(またはスウォッチライブラリからDICカラーなどのスウォッチを選び)、このように指定するのが正解です(0〜100%の濃度は自由に指定できます)。

詳しくは、こちらをご覧ください。
特色印刷の色指定方法


★ちなみに、黒色の指定が、C・M・Y・Kの4版に分かれていることもよくあります(下図)

ほとんどの場合、意図的したものではなく、RGBモードで黒く着色したオブジェクトをCMYKモードに変換したり、ペーストしたときに起こります。
K版1色に修正が必要です。

(3)配置画像の入稿を忘れた

Illustratorにビットマップ画像を配置する場合、「埋め込み」と「リンク」2通りの方法があります。

「リンク」の場合、Illustratorファイルにはどのように配置するかの情報しか含まれないため、”必ず”配置画像も合わせて入稿してください。
(※ 「埋め込み」の場合も、配置画像を合わせて送っていただければ、修正が必要な際に当店で対応できる場合がございます)

タグ:

■カテゴリ